第28回 アーリントンカップ 予想 抜けた馬がいない難解レース

阪神1600の外回りコース。

18頭立てでメンバー構成も拮抗しているので難しいレースですね。

多頭数の難しいレースは展開を考えてみる

メンバーの脚質でグループ分けしてみました。

  • 先頭グループ 8 10
  • 先行グループ 1 2 9 13 14 15 18
  • 中団グループ 3 5 7 12 16 17
  • 後方グループ 4 6 11

振り分けてみると先行したい馬が多いようですので外枠の先行馬はポジション取りがきつそうに思います。

楽に位置取りに動けそうなのは先行グループでは1、2、9 中団グループでは5、7、12といったところか。

この中で実力的に勝ち負けできそうな馬となると12番ヴァンドギャルド

今回は先行勢がごった返しそうなのと開催最終週ということなので末足の良い馬、直線真ん中から外を追い込んでくるのが得意そうなイメージの馬を狙いたいと思います。

ヴァンドギャルドは同世代では強い馬とそれなりにやってきてるし、このメンバーの中では一番キレる足を使うんじゃないかと思います。

あと実力的に有力なのは14番フォッサマグナ。

瞬発力があるタイプではないがトビが大きくてワンペースで最後まで落ちない。

前走の中山1600は外枠から好スタートで前に楽につけて直線は楽々ゴール。

今回は外目の枠がちょっと気になるが前走のようなスタートダッシュで出られれば勝ち負けにからんでおかしく無い馬だと思います。

ミッキーブリランテ

この馬は瞬発力があるんだけど使える脚が短いのであまり早く仕掛けると最後まで足が続かない。

シンザン記念は手応えが良くて直線ですぐに先頭に抜け出したがゴール前では差されてしまった。

前走のようなギリギリのタイミングで抜けさすようなレースをすれば上位に来る可能性があると思う。

馬券はヴァンドギャルドの複勝を購入予定

このレースは難しいので当日のレース傾向見ながらですが、ヴァンドギャルド複勝1点の予定です。

 

 

コメント