サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス 注目馬出走

牝馬限定重賞の阪神牝馬S、結構良いメンバー揃いましたね。

有力なのが6~7頭もいますのでここから本命選ぶのはなかなか難しいですよ。

出走メンバーの傾向

逃げる馬がダイアナヘイロー、ミッキーチャームとラッキーライラックが2番手、それにクロコスミアとアマルフィコーストが続いて先行集団を形成。

その後ろにカンタービレ、サラキア、レッドオルガ、リバティハイツの中団グループ。

追い込みグループにワントゥワン、ミエノサクシード他。

メンバーの傾向としては先行勢に多く集まった印象。

先行馬に強い馬が多く集まる。消耗戦になるか。

ダイアナヘイローが逃げて、その後ろの2番手集団に主役級のが4頭くらいいるんで前目がちょっと多いんだよな。

ラッキーライラック、アマルフィコースト、クロコスミア、ミッキーチャーム、この4頭がスタート後に欲しいポジション争うんだからきつい。

このグループの直後、中団前目で前の馬群の流れや仕掛けどころを冷静に判断できる馬が有利だろう。

狙うのはポジション取りに自在性のある馬。

レッドオルガ

スタート難ありの印象だったが、前走東京新聞杯では良いダッシュからの好位追走。このレースは縦長の隊列で進み、中団から直線すばらしい伸び脚を発揮。サトノアレスと同等のキレ味を見せた。今回同じような縦長隊列になればこの馬が差してくるだろうと思う。

毎回必ずラストまで良い脚を使うが位置取りが後ろ過ぎる印象があった。前走で変わっていれば。

カンタービレ

ローズステークスは手ごたえ良すぎて直線で抜け出すのが早すぎたが、後ろから追い込んでくる馬を振り切って1着。1頭で抜け出すのが早すぎると差し馬によくゴール前でやられるんだけどこの馬は最後まで落ちなかった。

秋華賞では控える競馬をして折り合いも良く最終コーナーで反応良く加速する。どの位置でも競馬ができてここぞという瞬発力もある。

休み明けでマイルの速い流れに対応できるかどうか。

枠が出て先行馬の並びがどうなるか。

阪神1600は枠有利不利はほとんど無いと思うが、先行馬はやはり内が良いだろう。枠や当日の馬場状態でも変わってくるので当日のレース傾向も考慮したい。

 

コメント