金杯予想

京都金杯は穴狙いでメイショウショウブを買ってみた。

前走は前がキツそうなレース展開だったがギリギリのところで残したのを評価したい。グランアレグリアには大差をつけられたが今回のメンバーならばそこそこやれそう。

中山金杯はトリオンフの能力が1つ抜けてるように思う。枠もいいし58キロも問題ないだろう。不安点といえばトリオンフの前走チャレンジカップは楽逃げで展開に恵まれた感がすごくあるということくらいか。今回は前に行きたい馬も結構いるので前回より楽はできないだろうが能力は上と思うので簡単には潰れないと思う。前走は馬体にかなり余裕があったのでどれくらい絞れているか、上向き調子なのか気になるところだが、調子良ければ勝つ可能性が高いと思う。

展開やペースは始まってみないと分からないが先行馬が結構多いメンバー構成なので消耗戦で前崩れになる可能性もある。その場合直線短いコースで瞬発力を使って追い込んでくるカデナにも注目している。

馬券はトリオンフ単勝とカデナとのワイドで。

コメント