2019京都新聞杯 複勝予想

京都の2200外回り。スタートから1コーナーまで距離が十分あるので枠の不利はあまり無いと思うが先行したい馬は内枠がいいだろう。

先週は内の先行馬が残るレース展開が多かったようだから今週もその傾向が続くように思う。

 

スポンサーリンク

メンバー構成と展開予想

メンバー構成は中団や後方からコーナーで射程距離まで押し上げて直線で差しを狙うという戦法の馬が多い。というかほとんどが差し、追い込み馬。

レースを引っ張るのはヤマカツシシマルだろうか。道中スローペースで直線入り口は団子状態からの最後直線は瞬発力勝負になるだろうと思う。

先行しそうな馬というとロジャーバローズ、サトノソロモン、ヤマカツシシマルくらいしかいないので先行馬はポジション取りもペース配分も楽ですごく有利だ。

 

このレースで有利なのは内で先行出来て、さらに直線で瞬発力も発揮できるタイプの馬。

ロジャーバローズ

この馬はスタートが良く自在性があり脚質的に見て今回の3番ゲートは断然有利。

前走はスタート後1コーナーまでがすごく短い中山1800の15番だったのでポジション取りが不利だった。実際1コーナーでは外に振られて1列後ろに下げさせられたように見える。

大きな馬体の割りに軽い走りで毎回最後まで落ちないので今回すんなり前目でレースが出来ればゴール前までしぶとく残るはずだ。

 

差し追い込みの中でも強い馬がいるので注意が必要

差し馬ではタガノディアマンテの能力が1ランク上か

この馬は毎回ポジションが後ろ過ぎるのが難点だが直線の爆発力はメンバー1だろう。

皐月賞ではコーナーで大外からグングン押し上げて直線でもしっかりと伸びてきた。

今回のメンバーはコーナーで外から押し上げてくるようなタイプの馬が5~6頭いるが、その中ではこの馬が能力ひとつ上だろう。

 

瞬発力があるのはレッドジェニアル

スローな流れになると仮定すると直線入り口で団子になる可能性がある。

そのような馬群から一瞬で抜け出す瞬発力を持っている馬はレッドジェニアルのように思う。

 

本命はこの3頭から当日直前の傾向をみてから決めたい。

このレース馬券買うかどうかは当日の傾向確認してからにします。

 

5月4日 ロジャーバローズの複勝購入

コメント