第79回 皐月賞予想 実力馬が集結

今年の皐月賞はすでに自分のスタイルが確立された完成形のような馬が多いですね。

しかも有力馬は中山2000が得意そうな馬ばかりなので、コース適性云々よりガチの能力比べになりそうです。

実力的にも拮抗していて予想も難しそうですが、過去レース振り返りながら注目馬を探してみたいと思います。

 

皐月賞はどのようなタイプの馬が向いているのか

最近の皐月賞は明らかに先行馬が上位に来ています。

  • エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノ
  • アルアイン、ペルシアンナイト、ダンビュライト

ほとんど先行が得意な馬ばかり。

軽くキレる馬よりも、スタートやコーナーが上手くて折り合いの良い先行、好位馬が有利なコースです。

 

注目馬は7頭、先行脚質の有力馬3頭の出方でレースが決まる。

まずは現水曜日時点で上位3着以内に入りそうな馬を選別してみました。

  • ダノンキングリー  差し   共同通信杯1着 東京1800
  • サートゥルナーリア 先行差し ホープフルS1着 中山2000
  • ヴェロックス    先行   若葉S1着 阪神2000
  • アドマイヤマーズ  先行   共同通信杯2着 東京1800
  • ファンタジスト   差し   スプリングS3着 中山1800
  • クラージュゲリエ  差し   共同通信杯3着 東京1800
  • エメラルファイト  差し   スプリングS1着 中山1800

以上7頭選んでみましたが、先行馬3頭、差し馬が4頭でバランスいいように見えます。

しかし、先行馬3頭がいずれも有力候補ということで枠の並び順とスタートの出で楽にポジション取れる馬とそうでない馬が分かれるはずです。

その辺はまた出馬表が決まってから検討していこうかと思います。

 

とりあえず現時点で、優勝候補をさらに以下4頭に絞ってみました。

ダノンキングリー

共同通信杯、アドマイヤマーズを一瞬で抜き去って追いすがるアドマイヤを軽く振り切った強いレース内容。

さらに中山1600のヒイラギ賞の内容もすばらしい。
不利な大外枠ながら好スタートで中団に楽につけて折り合い良く追走、コーナーでスルスルと加速して直線では絶好のポジションから難なく先頭、後続突き放して圧勝という強い内容。

コーナー上手くて直線の爆発力も半端無い。優勝候補だと思います。

ヴェロックス

若葉Sは圧勝したがそれでもまだ余裕があったように見える。

走りに芯が通っている感じがします。力強い骨格をした馬体でスケール感があるようにも見えます。

自在性のある脚質と坂を軽くこなすパワーがあるので中山2000は向いているはずです。

アドマイヤマーズ

スタートが良く、先行力も安定している。

共同通信ではダノンキングリーにやられたがこのときの仕上がりがどうだったかですね。

レースでの走りを見ているとここで勝ってもおかしくない馬であることは間違いないでしょう。

枠順で順位が入れ替わるような拮抗したメンバー構成だと思います。

サートゥルナーリア

ホープフルはスタート決めて内で折り合う。直線では窮屈な前を強引にこじ開けるように先頭に抜け出す気の強さも。

この馬はスローな流れを内から抜け出すパターンしか経験無いので、ハイペースや外枠から出遅れとかポジションが後ろ目の競馬になったときに対応できるかどうか注目です。

 

今年の皐月賞はマジで好レース期待

先行勢が強力だが差しの大将格ダノンキングリーが有力じゃないでしょうか。

他にも差し勢で前走余裕残しのファンタジスト、重なら怖いメイショウテンゲンとシュバルツリーゼ。などなど。

出馬表が出てからまた検討したいと思います。

 

 

コメント