東京新聞杯、きさらぎ賞 予想

東京新聞杯は穴狙いで本命13番クリノガウディーの複勝と馬連買ってみた。馬連の相手も人気薄のプリモシーンとシャドウディーヴァ。

クリノガウディーは毎回スムーズな競馬ができてないような感じで、強いのかどうかまだはっきりしてないように思う。マイルCSでは直線手応えよく追い込んできたが、脚質も先行したり追い込んだりとまちまち。乗り替わりでこの馬がどのような作戦で競馬するのか楽しみだ。馬場はそれほど硬い高速馬場でもなさそうなのでこのメンバーならば上位に来てもおかしくないと思う。

プリモシーンは左回りの直線長いコースは得意なはずだが近走成績悪いので人気落としている今回はおさえておきたい。

シャドウディーヴァは距離短縮が面白いと思う。

きさらぎ賞は4番ギベルティの単勝買ってみた。新馬戦のスケール感のある馬体と走りが魅力的。

コメント